とっく~ブログ 

日本の名所旧跡巡りや自然の絶景、花の写真など

愛知県稲沢市萬徳寺の牡丹

愛知県稲沢市にある萬徳寺というお寺に行ってきました。

f:id:kurakkaa:20210415110708j:plain

こちらのお寺は牡丹の花で有名なお寺で、境内には約700本の牡丹が植栽されているそうです。

f:id:kurakkaa:20210415111106j:plain

f:id:kurakkaa:20210415111143j:plain

f:id:kurakkaa:20210415111235j:plain

初めて訪れたので平年どれほどのものなのかは分かりませんが、大粒で色とりどりの牡丹の花が一斉に咲いている様子は、かなりの見ごたえです。

f:id:kurakkaa:20210415111722j:plain

f:id:kurakkaa:20210415111801j:plain

f:id:kurakkaa:20210415111901j:plain

萬徳寺は歴史の古いお寺で、多宝塔と鎮守堂は室町時代後期に建てられたもので国の重要文化財にも指定されています。

f:id:kurakkaa:20210415112302j:plain

f:id:kurakkaa:20210415112346j:plain

戦国時代から江戸時代にかけては豊臣秀吉尾張徳川家からも厚い信仰を受けて53以上の末寺のあるかなりの大寺院だったとのことです。

f:id:kurakkaa:20210415112832j:plain

f:id:kurakkaa:20210415112904j:plain

f:id:kurakkaa:20210415112935j:plain

「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と昔から美人の形容詞にも例えられ、姿がよく似ている芍薬と牡丹ですが、芍薬は球根から生える多年草で、牡丹は冬になると葉が落ちる落葉低木なんだそうです。

f:id:kurakkaa:20210415113746j:plain

f:id:kurakkaa:20210415113855j:plain

f:id:kurakkaa:20210415113935j:plain

調べてみると萬徳寺のように、いろいろな季節の花で有名なお寺が愛知県内にはいくつもあるようなのでその花の見ごろの時期になったらあちこちめぐってみたいです。

f:id:kurakkaa:20210415114359j:plain

f:id:kurakkaa:20210415114512j:plain