とっく~ブログ 今日は読書三昧だ❗

読んだ本の感想や名所旧跡巡りなど。

「習近平のデジタル文化大革命~24時間を監視され全人生を支配される中国人の悲劇」川島博之(講談社+α新書) 840円+税

この本のタイトルの細かいところをよく見ないで購入したので、読む前までは米中貿易戦争を受けて、Googleをはじめとしたアメリカの巨大IT企業GAFAに、HUAWEIを代表とする中国の巨大IT企業BATHがどの様に対抗していくのかといった内容の本だと思っていました。

ところが読み始めてみて何か違和感を感じたのでもう一度タイトルをよく見ると中国の監視社会について書かれたものでした。

米中の企業同士が競いあってテクノロジーがどの様に発展し、AIや5G、自動運転の車が実現して未来の社会がどの様に変貌していくのかというのが知りたかったのですが、世界情勢について、これはこれでなかなか興味深い内容の1冊でした🎵

f:id:kurakkaa:20210306212817j:plain

1,中国の経済成長のスピードは確実に鈍化している。

2,経済発展の恩恵が受けられず就職できない若者たちが不満を募らせている。

3,都市と農村の格差が広がり、都市民は農民を虐げている。

4,習近平は反汚職キャンペーンの名のもとに敵対勢力を排除し、関係者の恨みをかっている。

習近平政権はこれら国民の不満を完全に押さえ込むために「デジタル文化大革命」を推進して徹底的に国民を監視するシステムを造り上げているということです。

そして、政府に都合の悪い情報を封鎖し、独裁が強化されることによって中国は文化鎖国時代に突入しているということです。

しかし、海外情報を遮断し、政府批判を絶対に許さないような社会で新たなイノベーションが生まれるだろうか?いや、絶対に生まれない、と著者は主張しています。

10年もすれば中国は世界から文化や文明、技術の面でも取り残され、世界から遅れた社会とみなされるようになり、矛盾が露呈されるだろうとのことです。

結論としては少子高齢化が急速に進む中国が今後、政治的にも経済的にも「帝国」になることはないであろう。内需が弱く、輸出依存の脆弱な構造になっている中国は、いわば「砂でできた巨人」にすぎないと、フランスの歴史人口学者の言葉を引用しています。

その先にあるのは国の混乱と共産党の一党支配の終焉、そして国家の分裂であろう。それが中国史の基本であると。

自分の感想としては、この本の内容を全て鵜呑みにするのは危険のような気がしました。

コロナ禍の前に出版された本なので、今の中国がどうなっているのかはわからないですし、最近の中国は文化や芸術の分野の振興に力をいれているという話も聞きます。

実際、去年読んだ「三体」という中国のSF小説は凄く面白かったです。

中国の動向は政治的にも経済的にも日本にも大きな影響を及ぼすと思うし、ひいては自分にも何か影響があるかもしれないのでこれからも中国に関する本を沢山読んでアンテナを張っていたいと思います。

「老後破産~長寿という悪夢」NHK取材班(新潮文庫) 590円+税

現役時代は一生懸命働いてきたのに老後に病気や怪我など、些細なきっかけで老後の生活が崩壊してしまう人が急増しているという現実を描いたノンフィクションです。

f:id:kurakkaa:20210304014059j:plain

生活保護も受けずに年金だけでギリギリの生活を続けている人が200万人もいる。病気になったり介護が必要になったとたんに生活が破綻してしまう。

また、お金がないために仲間内の食事会や結婚式のご祝儀、葬儀のお香典も出せなくなり、人や社会との繋がりを失っていく。

経済的な支援によって生活を立て直していき、同時に失ってしまった繋がりを再構築していくことこそが本当に必要な支援だということです。

しかしそのために必要な生活保護制度などにも不備や欠陥があったり、本人や親戚などのプライドや個々の事情など多くの問題があることを具体的な実例を挙げながら解りやすく解説しています

そして、自分にとって一番衝撃だったのは我々団塊ジュニア世代が老後破産予備軍であるという事実です。

何年働いても給料は上がらず、バブル期から平均収入が100万円も減っているという事実、非正規雇用の労働者の割合が高く高齢の親世代に経済的に依存しなければやっていけない程の状況になっている。

また、その子供たちはまともな教育も受けさせてもらえず、食費さえ削らなければやっていけないという世帯も多く、貧困の連鎖が懸念されているとのこと。

将来の老後破産を回避するためには若いうちから健康に気をつけていくこと、老後を見据えて貯金や投資などで資金をつくっておくこと、社会保障や医療の制度について勉強して正しく理解しておくことが重要だと感じました。

2021年2月に読んだ文芸作品

2021年2月は愛知県、岐阜県にコロナ禍による緊急事態宣言が出されていたこともあり、休日に遠出することもなく読書三昧の日々でした。

また、1月に芥川賞直木賞や、本屋大賞ノミネート作品が発表されたこともあり、読みたい本が沢山あったので、自分の部屋やスタバでずっと本を読んでいたように感じます。

しかし、読むスピードが遅い上に分厚い長編作品が多かったこともあって読破した冊数は1月に比べると少し減りました。

2月に読んだ文芸作品は全部で7冊でした。

そのうち2021年の本屋大賞ノミネート作品が5冊、直木賞受賞作品が2冊でした。

f:id:kurakkaa:20210302111920j:plain

7作品のうち4作品が連作短編形式の作品でした。最近の傾向とか流行なのかわかりませんが、これだけ立て続けに連作短編集を読んだのは初めてです。

1,「自転しながら公転する」山本文緒(新潮社)

f:id:kurakkaa:20210302112702j:plain

仕事、恋愛、親の介護の問題をいっぺんに抱えてしまい悩むアラサー女性を描いた作品です。

一生懸命生きる主人公の姿を物凄いスピードで自転しながら太陽の周りを公転している地球に例えているのがユニークで面白かったです。

2,「お探し物は図書室まで」青山美智子(ポプラ社)

f:id:kurakkaa:20210302113428j:plain

人生でつまずいたり何かを見失った人たちが、たまたま訪れた地域コミュニティーハウスの図書室で借りた本からヒントやきっかけを得て、人生を好転させていくハートフルで心温まる連作短編集です。

読み終わった後に心がぽかぽかと温かい気持ちになりました。とてもよい読後感でした。

3,「犬がいた季節」伊吹有喜(双葉社)

昭和の終わりから21世紀が始まる平成10年代頃の三重県四日市市にある高校に住み着いた犬をめぐる連作短編集です。

代々人が代わりながら犬を世話する高校生たちの恋愛や友達関係、進路といった悩みを当時の事件やヒット曲を交えながら描かれています。

ちょうどその頃高校生だった自分とも重なって感情移入してしまいました。

4,「逆ソクラテス伊坂幸太郎(集英社)

f:id:kurakkaa:20210302115520j:plain

小学生を主人公にした5篇の短編集です。

先入観を持つことの害悪や嘘をついてはいけないとか、いじめはいけないといった教訓をテーマにした作品です。

逆にそういうことをする大人たちを子供たちが懲らしめようとするところも痛快でした。

5,「ファーストラヴ」島本理生(文藝春秋)

f:id:kurakkaa:20210302123107j:plain

アナウンサー志望の女子大生が採用試験直後に父親を刺殺した。親子の間に何があったのか。

子供の性的虐待をテーマにした作品です。

重いテーマをあつかった作品ですが、謎や伏線があちこち散りばめられていて、ミステリー小説としても面白かったです。終盤の法廷での描写も緊張感があってヒリヒリしました。

6,「この本を盗む者は」深緑野分(角川書店)

f:id:kurakkaa:20210302123820j:plain

巨大な書庫「御倉館」の本を盗んだものはブック・カースが発動し、本の物語の世界に引きずりこまれる。誰が何故、どうやってこのような仕掛けを作ったのか。

ミステリー要素の強いファンタジーとでも言える作品です。

女子高生が主人公ということもあってか、自分にはあまり刺さりませんでしたが、本嫌いの子がだんだん本好きになっていく過程は良かったです。

7,「心淋し川」西條奈加(集英社)

f:id:kurakkaa:20210302125717j:plain

江戸の片隅を流れる心川のほとりで過去や心に傷を持つ人々が貧しいながらも懸命に生きる姿を描いた連作短篇の時代小説です。

後悔、悲しみ、情けなさといった心の淀みを溜め込んだ人々の寂寥が読後の余韻として残りました。希望がありながらもちょっと物悲しい気持ちになる作品でした。

2月もたくさんのよい作品にめぐり会えました。緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ安心はできないので3月も引き続き読書三昧の日々を過ごすことになりそうです。

3月はまだ読んでいない本屋大賞ノミネート作品ほ全て読破したいと思っています。どんな作品にめぐり会えるのか楽しみです❗

「心淋し川(うらさびしがわ)」西條奈加(集英社) 1600円+税

第164回直木賞受賞作品です。

大都市江戸の片隅を流れる心川(うらかわ)の岸辺の町に流れ着いた、過去や心に傷を持つ人々が懸命に生きる姿を描いた連作短編集です。

f:id:kurakkaa:20210301122257j:plain

長い長い旅の果てに僕はこの岸辺にやってきた

何処に向かい流れてるの?目の前の河よ

向かう場所も見失ってなのに何故僕は生きてるの?

問いかけてもこの景色は何も答えない

これは僕が昔好きだった矢野真紀という歌手の「夜曲」という切ないバラード曲の冒頭の歌詞ですが、この作品を読んでいて久しぶりにこの歌を思い出しました。

過去に大きな挫折を経験した者、生まれつきの不幸な境遇の果てにやって来た者、この地で生まれ育ったが、早く出ていきたいと願う者など事情は様々だが、この町で皆が懸命に生きている。

思い通りにいかない人生を嘆きながらも何とか前向きに生きていこうとする登場人物たちの姿に共感しつつも物悲しさ、寂寥感を感じました。

「誰の心にも淀みはある。事々を流しちまった方がよほど楽なのに、こんなふうに物寂しく溜め込んじちまう。でも、それが、人ってもんだ」

「生きてりゃどうしたって、悲しみはついてくる。情けない思いもいっぱいする。(この町は)駄目なてめえを、ありのまんま受けとめて黙って見守ってくれる。そんな気になるんでさ」

「人が生きる場所、か…」「生き直すには、悪くねえ土地でさ」

決して希望のある明るい内容ではありませんが、心にじわじわと感じてくるものがある作品でした。

「「関ヶ原」の決算書」山本博文(新潮新書)800円+税

戦国時代の戦にはどんなことにどのくらいのお金がかかったのか、軍の部隊編成や武器や食料の調達、どこまでが自己負担でどこからが大名の負担だったのかを具体例や数字を交えながら詳しく解説しています。

f:id:kurakkaa:20210227163203j:plain

豊臣秀吉の天下統一以前と以後で戦争の仕組みにどのような変化があったのか石高によってどのような負担が大名に課されたのかなどとても興味深かったです。

また、関ヶ原の戦いにおいて西軍に属していながら唯一戦後お咎め無しで済んだ薩摩の島津氏の経緯について戦前の徳川家康との関係から、有名な関ヶ原における「島津の退き口」のあと島津義弘が薩摩に辿り着くまでを詳しく記しています。

そして関ヶ原の合戦後の豊臣氏や大名たちの収入や勢力図の変化、徳川家康が後の大坂の陣に繋がる財力の基盤をどう固めていったのかが書かれていてとても勉強になりました。

著者の山本博文東京大学教授がこの本の出版直前に癌で亡くなられたとのことで謹んでお悔やみ申し上げます。

小説を5冊購入

週に2回はいつも覗いている書店で小説を5冊衝動買いしてしまいました。

f:id:kurakkaa:20210224234042j:plain

まだ読んでいない積ん読本が山ほどあるのですが、どの作品も今が旬のものばかりで今買わないと平積みから撤去されて忘れてしまうと思ったのでついつい買ってしまいました。

「雄気堂々」城山三郎(新潮文庫)

f:id:kurakkaa:20210224231041j:plain

今年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公渋沢栄一の生涯を描いた作品のようです。

城山三郎の作品では「黄金の日日」や「落日燃ゆ」は聞いたことがあるのですが読んだことはありませんでした。

黄金の日日」は僕がまだ小さい頃でしたが大河ドラマになったので覚えています。僕が初めて観た大河ドラマでした。

この「雄気堂々」は初版が昭和51年となっているので45年も前の作品ですが今回の大河ドラマに合わせて平積みされていたようです。

ドラマの予習に読んでおきたいと思います。

「総理の夫」原田マハ(実業之日本社)

f:id:kurakkaa:20210224232427j:plain

原田マハ作品は全て読破しようと思っているほど大好きな作家なので平積みされているのを見て買ってしまいました。

2013年7月に初版が発行された作品で今年秋に映画が公開されるようです。

史上初の女性で最年少総理の誕生とそれを支える夫の物語のようです。

オリンピック委員会会長の女性蔑視発言など女性の政治や社会への進出が話題になっている時期でもあるのでそういう意味でも旬だなと思いました。

「心淋し川(うらさびしがわ)」西條奈加(集英社)

つい最近第164回直木賞受賞を受賞した作品です。

f:id:kurakkaa:20210224234016j:plain

直木賞が発表される直前に「銀杏手ならい」という作品を読んでいて、面白かったのでこの作品も読んでみたいと思い、購入しました。

「滅びの前のシャングリラ」凪良ゆう(中央公論新社)

f:id:kurakkaa:20210224234710j:plain

2021年本屋大賞ノミネート作品です。

昨年の本屋大賞では「流浪の月」が見事大賞を受賞して今年もこの作品がノミネートされたので、まさに旬の作家ですね。

前回の作品も重たいテーマの作品でしたが、この作品も小惑星が衝突する1ヶ月前の世界を描いている作品らしいので、明るい内容ではなさそうです。

本屋大賞発表までには読んでみたいです。

こちら愛知県は緊急事態宣言が2月いっぱいで解除される可能性が高くなってきましたがまだまだコロナ禍は続いている状況なので、休みの日は読書最優先でたくさん読んでいこうと思います。

「この本を盗む者は」深緑野分(角川書店) 1500円+税

2021年本屋大賞ノミネート作品です。

書物の蒐集家の御倉嘉市がつくった巨大な書庫「御倉館」を所有管理する御倉家の一人娘の女子高生深冬は幼い頃に祖母から読書を強要されて本を嫌いになった。

ある日、御倉館の蔵書が盗まれるとブック・カース(本の呪い)が発動し、たちまち街は本の中の世界に変貌した。

もとに戻すには本を盗んだ犯人を捕まえなければならないと知った深冬は様々な本の世界を冒険していくことに。

誰が何故、どうやってこのような仕掛けを作ったのか。本を盗んだ犯人の目的は?深冬は本を好きになれるのか?

f:id:kurakkaa:20210224174527j:plain

主人公が女子高生で、犬に変身できる不思議な少女と本の世界を冒険していくファンタジーという設定のためか、アラフィフのおっさんの僕には正直言っていまいち刺さりませんでした。

それでも本嫌いの深冬が冒険をしていくうちに次第にその心情にも変化がおきていく過程は良かったです。

あと、万引きに頭を悩ます書店が多く、中には廃業に追い込まれるような被害を被る店もあるのだと知って衝撃を受けました。

ただでさえオワコンと言われる出版業界や書店をもっと応援していきたいと思いました。