とっく~ブログ 

読んだ本の紹介をメインに、小説に出てきた聖地巡礼や、写真など

爆弾 呉勝浩 講談社

爆弾

あらすじ

自動販売機の器物破損と酒屋の主人への暴行の容疑で逮捕され取り調べを受けていた中年男性が、自分は霊感があるのだと言って都内での無差別爆破テロを予言する。

 

爆破テロの動機や目的もわからず、爆弾の在り処は容疑者の男が出すクイズの中にちりばめられているという。

 

警察は爆破テロを防ぐことができるのか?この男が犯人なのか?爆破テロの動機や目的は?

感想

7月20日に発表される予定の第167回直木賞にノミネートされている作品です。

 

東京都民1400万人を人質に取り、都内で次々に爆弾テロを実行するというこの作品は、自分が読んだミステリー小説の中ではかなりスケールが大きなストーリーだと感じました。

 

また、過去の不祥事を引きずる所轄の刑事や、周りが馬鹿に見えて仕方がないがそれを隠している警視庁の天才刑事、一生交番勤務でも構わないのに否応なく事件に巻き込まれてしまう女性巡査など、登場人物たちの個々のストーリーも絡まり合っていて読み応え抜群でした。

 

特に、爆弾の在り処を突き止めるための容疑者と刑事たちの駆け引きを伴うやり取りは、ひりひりするほどの緊迫感が伝わってきて圧巻です。

 

命の軽重と優先順位、自分が当事者でなければ関係ない、スマホで動画を撮ってSNSに投稿すればいいね!がたくさんもらえるのではないか、など、人間の心の中の闇の部分を炙り出していく物語は、自分ならその時にどうするだろうかということを考えさせられました。

 

7月20日に発表される第167回直木賞にこの作品が選ばれるのか注目していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

帝国の崩壊(上)歴史上の超大国はなぜ滅びたのか 鈴木董【編】 山川出版社

帝国の崩壊 上: 歴史上の超大国はなぜ滅びたのか

あらすじ

軍事大国の財政破綻、改革の挫折、政治的緊張感の喪失…第一線の研究者が解く歴史上の14帝国の「崩壊」の道程。

 

上巻では古代エジプトに始まり、ヒッタイトアッシリアローマ帝国など、古代に栄えた7つの帝国の概要と崩壊に至る過程をその専門家たちが丁寧にわかりやすく解説。

 

感想

僕は今年で51歳ですが、高校生の頃1980年代後半の東ヨーロッパ諸国の民主化ソビエト連邦の崩壊を目の当たりにし、その後は超大国アメリカの衰退や覇権国家中国やロシアの台頭、そして今回のロシアのウクライナ侵攻と世界が目まぐるしく変化しているのを目にしてきました。

 

これからの世界はどのように変化していくのか、その中で自分はどのようにふるまえば生き残れるのかそんなことを考えると世界史に関する知識をしっかり身に着けたいと思い、この本を手に取りました。

 

前半に紹介されている7つの帝国は4000年も前に栄えた国もあって、記録も完全ではなく未解明な部分も多いので、帝国が滅びた理由が明確ではないものもありますが、いずれの国も外敵の侵入や財政破綻、統治システムの欠陥など複数の要因が重なった結果が多いようです。

 

現代の巨大国家に必ず当てはまるものでもないでしょうが、一つの国家が衰退して別の国家が台頭してくる過程などは現代の流れに重なる部分も多いなと感じました。

 

世界史を学ぶことによってこれからの世界はどのように変化していくのか、その中で自分はどうふるまっていけばいいのかを考えることの参考にするためにも継続的に世界史について勉強していきたいと思います。

 

 

 

異邦人(いりびと) 原田マハ PHP文芸文庫

異邦人 (PHP文芸文庫)

あらすじ

出産を控えた有吉美術館の副館長・菜穂は東日本大震災による原発事故で放射能汚染の脅威にさらされた東京を離れ、京都に長逗留しながら地元の名だたる名士や文化人と交流し、京都の魅力にどんどんのめりこんでいく。

 

そんな中、京都の老舗画廊に飾られていた一枚の絵に心を奪われる。

 

抜群の審美眼を持つ菜穂の心をひきつけて離さなくなったその絵を描いたのはまだ無名の若き女性画家だった。

 

一方、東京の菜穂の実家である不動産会社とその傘下にある個人美術館の有吉美術館、そして夫の父親が経営する老舗画廊は東日本大震災による買い控えの影響で急速に経営状態が悪化していた。

 

華麗なる一家の栄光と挫折、新たな出発を描く物語。

 

感想

僕は「楽園のカンヴァス」という作品を読んで以来原田マハさんの作品が大好きで、彼女の作品はすべて読破しようと思い、今のところ20作品近く読んでいます。

 

今まで読んできた作品はアートをテーマにしたものを中心に苦労や挫折がありながらも前向きに生きていくストーリーや深い感動を呼んで泣けるものが多かったのですが、この作品は今まで読んできた原田マハさんの作品の中ではちょっと異質な作品という印象を持ちました。

 

主人公の菜穂は美術品の価値を見極める超一流の審美眼の持ち主ですが、大金持ちの家に生まれて何の苦労もしてこなかったせいかわがままで自分勝手で、思い通りにならないと機嫌が悪くなるというお嬢様です。

 

また、夫やその父親、菜穂の実家の両親も何代も続く名家の生まれなので洗練はされていますが所詮は自分や会社の経営を優先させるところがあり、妊娠して一人で京都に逗留している菜穂のことは二の次にしてしまいます。

 

なので、どうもどの登場人物にも肩入れしにくかったです。

 

ここのところ、中山七里さんの貧困に追い込まれて餓死したり、自分の臓器を売ってしまうといった貧困格差がテーマの作品を立て続けに読んでいたこともあり、この作品の登場人物たちが貧困とは無縁のタワーマンションに住んでいたり、高級ホテルに長く滞在するとかいった話にイライラしました。

 

さすが原田マハさんのアート小説だと思う京都の歴史や伝統文化、それらに育まれてきた文化人たちに関する描写は素晴らしいのですが、没落していく華麗なる一族と、それに否応なく巻き込まれていく菜穂の抵抗など、ずっと不穏な雰囲気が漂っていてもやもやしながら読みました。

 

最後もハッピーエンドという感じでもなく、まるで湊かなえイヤミスを読んでいるような感じでした。

 

本の裏表紙の紹介にも著者新境地の衝撃作と書いてあるのでまさにそういった作品だった思います。

 

まだまだ原田マハさんの作品はたくさんあるので、すべての作品読破を目指して読んでいきたいと思います。

 

 

 

2022年6月に読んだ本まとめ

6月といえば例年は梅雨で雨が降り続き、休日は家にこもって読書をしていることが多いのですが、今年は史上最短の2週間という短さで梅雨が明けて僕が住む愛知県地方は連日の猛暑でますます家にこもって読書が進みました。

 

今月は、小説、教養本、まんがすべて含めると14冊読むことができました。

 

遅読のうえに500ページ近い大作も多かったので仕事に時間を取られながらも14冊も読めたのはなかなか読めたほうだと自分的には思います。

 

ジャンル別では

  1. ミステリー小説3冊
  2. 歴史小説2冊
  3. SF小説2冊
  4. ホラー小説1冊
  5. ファンタジー小説1冊
  6. 教養3冊
  7. マンガ2冊

このうち特に印象に残った作品を読んだ順番に3作品挙げると、

  1. 覇王の家(下) 司馬遼太郎  新潮文庫
  2. 護られなかった者たちへ 中山七里 宝島社文庫
  3. カインの傲慢 中山七里 角川文庫

でした。

 

特に中山七里さんの作品は貧困や格差の問題を扱う社会派ミステリーということで、僕もこの問題には関心があるのでとても興味深く、ミステリー作品としてもどんでん返しがあってとても面白く読めました。

 

 

これからしばらくはミステリー作品は中山七里さんの作品を読んで、全作品読破を目指したいと思います。

 

 

また、歴史小説といえば司馬遼太郎ということで、今月読んだ歴史小説は2冊とも司馬遼太郎作品でした。

 

 

司馬遼太郎の小説もまだまだ読んでいない作品がたくさんあるので全作品読破を目指して読んでいきたいです。

 

7月も猛暑が続きそうなので、休日はもっぱら家にこもって読書にいそしみたいと思います。

 

7月は第167回直木賞の発表もあるので、ノミネートされた作品を中心に読んでいきたいと思っています。

 

どんな作品に出会えるのか、今から楽しみです!

 

 

 

大日本帝国の銀河2 林譲治 ハヤカワ文庫

大日本帝国の銀河 2 (ハヤカワ文庫JA)

あらすじ

地球から見てオリオン座の方向からやってきた地球外の存在であると主張するオリオン集団は1940年の時点では世界中のどの国も開発できない兵器を擁してイギリス、ドイツ、日本の戦闘機や戦艦を破壊して実力を示す一方、日本に対し大使館の設置を要求する。

 

ちぐはぐな対応を示す彼らの目的は果たして何なのか?

感想

オリオン集団の正体や目的がこの巻でも明らかにならず、謎が謎を呼び日本で憲法改正や新政府樹立の動きが出てきたり、第二次世界大戦のさなかに世界中の天文学者ソ連に集結してオリオン集団に関する情報を交換する動きが出てきたりと事態はますます混とんとする様相を見せて今後どんな展開になるのか見当もつきません。

 

若いころ好きで読んでいた架空戦記小説みたいに日本軍が欧米の軍隊をバンバン打ち破る話かと思ったのですがそれともちょっと違っているようです。

 

架空戦記とサイエンスフィクションとスパイ小説が融合したような作品で、この後どのような展開が待っているのかなかなか予想しずらく、今後のストーリーが大変気になります。

 

この作品は全5巻ですでに完結しているようなので続きも絶対読みます。

 

 

カインの傲慢 刑事犬養隼人  中山七里 角川文庫

カインの傲慢 刑事犬養隼人 「刑事犬養隼人」シリーズ (角川文庫)

あらすじ

都内の公園で臓器を抜き取られた少年の遺体が発見されるがなかなか身元が判明しない。

 

一方臓器を抜き取られた少年の遺体がその後も相次いで発見される。

 

捜査してみると彼らはみな貧困家庭で育った少年たちであることが判明する。

 

彼らの身にいったい何が起きたのか?

 

感想

格差、貧困、日本の臓器移植法の問題点、子供の臓器売買など、大きくなる一方の社会問題や闇をテーマにした社会派ミステリー小説です。

 

日本では脳死判定のハードルが高いことや子供の臓器移植が進まないことによる臓器売買の闇ルートの存在、貧困にあえぐ人たちが少しでもお金を得るために富裕層たちに自分の臓器を売るという現実など、読んでいて暗澹たる気持ちにさせられました。

 

子供の臓器売買の問題は、昔読んだ梁石日(ヤン・ソクイル)の「闇の子供たち」という小説で知っていましたが、あの小説はタイが舞台で、こんな話は貧しい発展途上国での話で、日本のような先進国とは無縁のことだと思っていました。

 

 

それが今では日本でも貧困家庭の子供たちの間で臓器を売るということが起きているらしいという事実に愕然としました。

 

バブル絶頂期には一億総中流と言われて貧困など存在しないといわれていた日本の経済もついにそこまで落ちてしまってきているのかと。

 

中山七里さんの作品では僕も関心の高い貧困、格差といった問題をテーマにした社会派ミステリーが多いようなのですべての作品読破を目指してみたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人斬り以蔵 司馬遼太郎 新潮文庫

人斬り以蔵 (新潮文庫)

大村益次郎岡田以蔵後藤又兵衛塙団右衛門など幕末に活躍した志士や戦国武将だけど、歴史ファン以外にはあまり知られていないような人物やエピソードを8編描いた短中編集です。

 

表題の「人斬り以蔵」は幕末の世を震撼させた暗殺者岡田以蔵の生涯を描いた作品ですが、土佐藩での足軽郷士、上士での扱いの違い、生まれた家が違うだけでこうも違うかといったあまりにも苛烈な、もはや差別ともいえるような身分制度には、現代人の我々が知っている差別とは比べ物にならない過酷さがあり、憤りを感じました。

 

一方、「おお、大砲」という作品は、現在の奈良県にあった高取藩に代々伝わる大坂の陣で使われたいう大砲が幕末の戦乱で再び使われたというエピソードです。

 

徳川家康から特別に与えられて200年以上大切に保管されていた大砲をいざ再び戦争で使った時にどのようなことが起こったか。

 

300年近い平和な時代が続いて、もはや使い方もよくわからなくなっていた大砲とそれを守り続けてきた人々をユーモラスでちょっと滑稽に描いたお話で興味深くもあり、笑える話でもあり印象に残りました。

 

高校生や大学生のころに司馬遼太郎の作品にはまって小説やエッセイもいろいろ読んだのですがまだまだ未読の作品もたくさんあり、なんといっても代表作である「竜馬が行く」をまだ読んだことがないので、時間はかかりそうですが読んでいこうと思います。

 

司馬遼太郎作品すべて読破を目指します。