とっく~ブログ 

日本の名所旧跡巡りや自然の絶景、花の写真など

愛知県小牧市 市民四季の森の新緑

愛知県小牧市にある市民四季の森は28.2ヘクタールの広さがあり、ディスクゴルフやパークゴルフが楽しめる施設やちびっこ動物園、ソリスベリの丘遊具施設など家族連れやカップルで楽しめる公園です。f:id:kurakkaa:20210518202917j:plain

f:id:kurakkaa:20210518202946j:plain

この公園は小牧市でも山間部に位置しているので公園の中も外も広く森林に囲まれていて、とても自然豊かです。

f:id:kurakkaa:20210518203108j:plain

公園内にも市民の森、小鳥の森、昆虫の林などと名付けられた場所があり、それぞれ遊歩道で繋がっていて、森林浴を楽しむことが出来ます。

f:id:kurakkaa:20210518203144j:plain

5月初旬のこの時期は新緑がとても美しい時期で、まだ湿度も低いので過ごしやすく、森のなかを歩けば頭上からはシジュウカラヤマガラミソサザイといった小鳥のさえずりも聞こえてきてとても癒されます。

f:id:kurakkaa:20210518203220j:plain

木々の新緑が視界いっぱいに飛び込んできて、特に楓やモミジ、メタセコイアといった落葉広葉樹の葉は瑞々しい黄緑色をしていてとても新鮮に見えます。

f:id:kurakkaa:20210518203246j:plain

訪れた日はあいにくの曇り空で少し薄暗い感じでしたが、
時折雲がうすくなったところから透けてくる陽の光が新緑にあたって透けて見えるところがキラキラと輝いて見えました✨
f:id:kurakkaa:20210518203317j:plain

新緑の森の遊歩道を歩いているとまるで自分がマイナスイオンで浄化されているように感じられてとてもリフレッシュした気分になりました🎵

f:id:kurakkaa:20210518203342j:plain

また、公園内の野草広場には色とりどりの鮮やかな花が植えられていて新緑の木々との共演がお互いの色を引き立てあっていてとても美しいです。

f:id:kurakkaa:20210518203412j:plain

新緑と季節の花と小鳥のさえずりといった一年でこの時期にしか感じることの出来ない新鮮で瑞々しい自然に癒されて力をもらいました❗

f:id:kurakkaa:20210518203451j:plain

f:id:kurakkaa:20210518203518j:plain

愛知県小牧市 市民しきの四季の森のバラ園 その2

f:id:kurakkaa:20210518124022j:plain

黄色いバラ


愛知県小牧市の山間部にある市民四季の森は、28.2ヘクタールの広さがあり、ディスクゴルフ、パークゴルフ、ちびっこ動物園、ソリスベリの丘といった家族やカップルで楽しめる憩いの場となっています。

f:id:kurakkaa:20210518123040j:plain

小牧市の市民四季の森のバラ園

f:id:kurakkaa:20210518123139j:plain

ここにはけっこう広くて充実したバラ園があり、245品種、約1300本のバラが植えられています。

f:id:kurakkaa:20210518123222j:plain

f:id:kurakkaa:20210518123313j:plain

情熱的な赤いバラから白、黄色、ピンク、紫など色とりどりの色をしたバラがみられるほか、本当にこれがバラなのかと疑ってしまうようなものもありました。

f:id:kurakkaa:20210518123409j:plain

情熱的な赤いバラ

f:id:kurakkaa:20210518123456j:plain

白いバラ

f:id:kurakkaa:20210518123543j:plain

菊のような白いバラ

f:id:kurakkaa:20210518123652j:plain

ピンクのバラ

f:id:kurakkaa:20210518123741j:plain

淡いピンクのバラ

f:id:kurakkaa:20210518123822j:plain

ピンクのバラ

f:id:kurakkaa:20210518123914j:plain

薄い黄色いバラ

ほかにも複数の色が混じった複雑なものもあって、一言でバラといっても本当にいろいろあるものだと感心しました。

f:id:kurakkaa:20210518124541j:plain

ピンクと黄色が混じったバラ

f:id:kurakkaa:20210518124627j:plain

赤と黄色が混じったバラ

f:id:kurakkaa:20210518124935j:plain

南国の花のようなバラ


ほかのバラ園もめぐってみていろんな種類のバラがないかまだまだ新しい発見をしてみたいと思いました。

f:id:kurakkaa:20210518124725j:plain

紫色のバラ

f:id:kurakkaa:20210518124830j:plain

複雑な構造のバラ

f:id:kurakkaa:20210518125043j:plain

可憐な印象のバラ

f:id:kurakkaa:20210518125148j:plain

 

愛知県小牧市 市民四季の森のバラ園

愛知県小牧市の山間部にある市民四季の森には大きなバラ園があると聞いたので、ちょうどバラが咲きだす季節ということもあって、どんなものだろうと思い、行ってきました。

 

市民四季の森は28.2ヘクタールの広さがあり、ディスクゴルフ場やパークゴルフ場、ちびっこ動物園、ソリスベリの丘といった家族やカップルで楽しめる施設があり、小牧市民の憩いの場となっています。

 

また、600台以上駐車できる広い駐車場もあり安心して車で行くこともできます。

 

一方、山間部にあるということで、自然が豊かで、市民の森、小鳥の森、昆虫の林と名付けられた森の中の遊歩道を歩いて森林浴を楽しんだり、バラ園やアジサイの丘、野草広場といった草花を目で見て楽しむこともできます。

 

今の季節は新緑がとても美しいので園内を歩いていると緑が視界いっぱいに広がって目に飛び込んでくるのですごく癒されます。

 

市民四季の森のバラ園には約245種、約1300本のバラが植えられているということです。

f:id:kurakkaa:20210517122802j:plain

小牧市の市民四季の森のバラ園

 

公園の広さに比べればほんの一部にすぎませんがその辺の並のバラ園に比べると結構広くて充実しているという印象を持ちました。

 

早咲きの品種をそろえているのかすでに多くのバラが花を咲かせていてとても美しかったです。

f:id:kurakkaa:20210517122850j:plain

情熱的な赤いバラ

f:id:kurakkaa:20210517122950j:plain

可愛らしい薄いピンクのバラ

情熱的な赤い色をした典型的ないかにもバラらしい花から白、黄色、ピンク、紫など色とりどりのバラがみられるほか、まるで牡丹の花のような別の種類のものと見まごうようなものもありました。

 

f:id:kurakkaa:20210517122436j:plain

小牧市の市民四季の森のバラ園

f:id:kurakkaa:20210517122543j:plain



バラ園にはこれらの花を写そうとカメラやスマホを手に熱心に写真を撮っている様々な年齢の男女がたくさん訪れていました。

 

どんよりとした曇り空のあいにくの天気でしたが、新緑の緑と赤、白、黄色、ピンクといった色とりどりのバラの共演はなかなか見ごたえがあって心を癒されました。

f:id:kurakkaa:20210517123103j:plain

小牧市の市民四季の森のバラ園

f:id:kurakkaa:20210517123141j:plain

緊急事態宣言が出ている愛知県ですが、ほかにも有名なバラ園がいくつもあるので、感染対策を万全にしてめぐってみたいと思います。

愛知県犬山市 ヒトツバタゴ自生地 その2

愛知県犬山市のヒトツバタゴ自生地は、雪をかぶったかのような白い花を咲かせた木々と、周りの新緑とのコントラストが素晴らしくて、柵があって反対側には行けないのですが、いける範囲で写真を色々な角度からたくさん撮りました。

f:id:kurakkaa:20210516010246j:plain

ヒトツバタゴ遠景

f:id:kurakkaa:20210516010345j:plain

f:id:kurakkaa:20210516010449j:plain

僕は雪国北陸地方の出身ですが、北陸の水分をたっぷり含んだ重たいぼた雪をかぶった木にそっくりだと思いました。

f:id:kurakkaa:20210516010856j:plain

f:id:kurakkaa:20210516010931j:plain

f:id:kurakkaa:20210516011005j:plain

ヒトツバタゴ自生地に向かう道には足元をよく見ると、かわいらしい桔梗が青紫色の花を咲かせていました。

f:id:kurakkaa:20210516011240j:plain

桔梗

f:id:kurakkaa:20210516011337j:plain

去年の大河ドラマの主人公明智光秀の家紋にそっくりですね。

f:id:kurakkaa:20210516011524j:plain

f:id:kurakkaa:20210516011600j:plain

f:id:kurakkaa:20210516011634j:plain

もし、犬山市の自生地に行くときにはぜひ参考にしてください。

f:id:kurakkaa:20210516011759j:plain

f:id:kurakkaa:20210516011836j:plain

f:id:kurakkaa:20210516011912j:plain

 

愛知県犬山市 ヒトツバタゴ自生地

f:id:kurakkaa:20210515214858j:plain

ヒトツバタゴ自生地

新緑の美しい5月初旬の森の中を歩いていくと突然そこだけ雪をかぶったように白くなっている木々が見えてきて思わず息をのみました。

f:id:kurakkaa:20210515223251j:plain

 

ここは愛知県犬山市にあるヒトツバタゴ(別名なんじゃもんじゃの木)の自生地で、国の天然記念物にも指定されています。

f:id:kurakkaa:20210515223409j:plain

ヒトツバタゴの解説をしている立て看板

この時期だけ特別に設けられているらしい駐車場から車一台分くらいの幅の舗装された道を春に咲く野草を見ながら10分弱歩いたところにヒトツバタゴ自生地はあります。

f:id:kurakkaa:20210515223600j:plain

道端に咲いていた桔梗

f:id:kurakkaa:20210515223711j:plain

道端に咲いていた野生のつつじ


周囲を緑豊かな森で囲まれていて、近くを川が流れているのか、せせらぎのような心地いい音が聞こえてくるのどかな場所に、そこだけ雪をかぶったように白くなった木々が生えている光景が出現します。

f:id:kurakkaa:20210515223940j:plain

 

その場所は新緑の緑と花の白のコントラストが素晴らしく、息をのむほどの美しい風景を作り出していました。

f:id:kurakkaa:20210515224036j:plain

 

ヒトツバタゴは天然での分布域が狭く、希少種としてレッドリストにも指定されているそうです。

 

日本では長野県、愛知県の木曾川中流域と岐阜県東濃地方、そしてはるか西に飛んで、朝鮮半島と九州の間に浮かぶ島である長崎県対馬にのみ自生しているということです。これらは一括して国の天然記念物に指定されていて、特に対馬市には約3000本の自生地があるそうで、一斉に花が咲くその光景はまさに壮観でしょうね。

 

ヒトツバタゴはキンモクセイの親戚にあたるらしく、確かによく見ると花の大きさは全然違いますが、形はよく似ています。

f:id:kurakkaa:20210515224142j:plain

 

キンモクセイのような香りはするのかと柵があるところまで近寄ってみましたが、特に匂いは感じなかったので、キンモクセイのような強い香りはしないようです。

 

今までヒトツバタゴについてはほとんど知らなかったし、花の時期にしてももしかしたらまだ早いかもしれないと思い、それほど期待もしていなかったのですが、思いがけず素晴らしい光景を見ることができてラッキーでした。

f:id:kurakkaa:20210515224234j:plain

 

可能なら来年は岐阜県にある別のヒトツバタゴ自生地にも行ってみたいです。

愛知県小牧市の田県神社 その2

愛知県小牧市にある田県神社は巨大な男茎形をのせた御神輿を担いで練り歩くという奇祭で有名ですが、社殿も例えば熱田神宮とか津島神社のような愛知県内の大きな神社程ではないにしてもそれに準じる程立派な建物でした。f:id:kurakkaa:20210514164634j:plain
奥宮に向かって歩いていくと左右に男茎形の自然石や人工的につくられたものがいくつも、奉納した個人や企業の名前と共に置かれていて壮観です。
f:id:kurakkaa:20210514163922j:plain

f:id:kurakkaa:20210514164017j:plain

f:id:kurakkaa:20210514164055j:plain
奥宮にも立派な男茎形が飾られていたり、上にもそれらしいものがあって、探すのがだんだん楽しくなってきました🎵
f:id:kurakkaa:20210514164132j:plain

f:id:kurakkaa:20210514164212j:plain

f:id:kurakkaa:20210514164244j:plain
小牧市の北部にある犬山市には大県神社という神社があり、そこは女性器に似た岩が飾られていて、田県神社とは対の関係だそうですが、もともとは全然関係がないのだとか。
f:id:kurakkaa:20210514164320j:plain

f:id:kurakkaa:20210514164431j:plain

f:id:kurakkaa:20210514164547j:plain

同じ小牧市には通称「おっぱい寺」と呼ばれる全国で唯一女性のおっぱいに関する悩みにご利益がある間々観音という寺もあるそうで、多くの女性がお参りに訪れるそうです。

そちらはさすがに男一人では行きづらいので行きませんでしたが💧

昔の人は現代人と比べて神仏に頼るしかなかったので、いろいろな御利益のある神社や寺があるのですね。

他にもないか調べて行ってみたいです。

愛知県小牧市の田県神社

愛知県小牧市にある田県神社は別名男根神社とも呼ばれ、長さ2.5メートル、直径60センチもある巨大な男茎形の神輿を大勢で担いで練り歩くという奇祭で知られる神社です。
f:id:kurakkaa:20210514114714j:plain

f:id:kurakkaa:20210514114802j:plain

祭の日はあちらこちらに男茎形があふれ、その勇姿を見ようと国の内外から多くの人が訪れるそうです。

ネットで検索すると神輿より一回り小振りの男茎形を胸に抱いた巫女さんが照れ笑いを浮かべながら並んでいる写真が見られます。

何でも、祭の前に神社が募集して応募してきた女性の中から選ばれた5人で、5人衆(通称ちんこガール)と呼ばれているんだとか。

境内に出る露店で売られているウインナーや「ばなちん」と名付けられたチョコバナナもみんな男性性器に型どられていて、神社の神聖な祭だから真面目にやらないといけないのかと思いきや、けっこうみんないじったりしてユーモアたっぷりのお祭りのようです。

「野も山も みなほほえむや 田県祭」という歌も詠まれているそうで、笑顔あふれる楽しいお祭りだということがわかります。

残念ながら毎年3月15日に行われる豊年祭はコロナウイルスの影響で今年は中止になりました。

もともと男茎形を奉納して祈願する俗習があり、古くから豊年祭は行われていたのですが、今のような祭の形になったのは観光化した戦後からだそうで、それが多いに注目されて今ではかなりの数の外国人観光客も訪れるそうです。

祭は中止になっても普段から境内にはあちこちに大小様々な石製や木製の男茎形があって目を引きます。
特に神殿には立派な木製の男茎形が飾られていて、神聖なものだということが伝わってきます。
f:id:kurakkaa:20210514114854j:plain
f:id:kurakkaa:20210514114925j:plain

カップルや家族連れの参拝客も多く、真面目に見た方がいいのでしょうけど、しかし目にするとどうしても笑いが込み上げてきます。
f:id:kurakkaa:20210514115006j:plain

境内の一番奥には珍宝窟というのがあって美しい玉が二つ並んでいて、右の玉を撫でると家内安全や商売繁盛に御利益が、左の玉を撫でると恋愛成就や子宝にご利益があるということです。
f:id:kurakkaa:20210514115044j:plain
f:id:kurakkaa:20210514115124j:plain

このようにユニークな神社が、調べてみると全国各地にいろいろあるようなので、いつかめぐってみたいものです。